ぼくでなくっちゃ
No.
バージョン名
作詩
作曲
編曲
時間
発表年
01
渡辺美里
渡辺美里
清水信之
3分47秒
1988年
02
渡辺美里
渡辺美里
斎藤恒芳
3分40秒
2000年
ミュージシャン
01
electronics and acoustic piano : nobuyuki shimizu
02
Sound Producer : 斎藤恒芳
Conductor : 曽我大介
Orchestra : 新日本フィルハーモニー交響楽団
The Band
Saxophone / Advisor / Horn arrangement : 山本拓夫
Piano : 斎藤恒芳
Guitar : 小倉博和
Bass : 有賀啓雄, 渡辺等
Drums : 松永俊弥
Trumpet : 荒木敏男
Saxophone : 竹野昌邦
Percussion : 藤井珠緒, 高良久美子
収録アルバム
01
ribbon
02
うたの木 Gift
収録シングル
01
センチメンタル カンガルー / ぼくでなくっちゃ
昔、考えごとをしながら歩道橋の上に立っていたら、そこに白い汚い犬がトボトボと歩いてきて。
明け方ですから、すごくみじめったらしいというか、薄汚れていたし、なにか淋しそうで、私みたいだなーと思って。
「おじさん、靴磨かせておくれよ!」っていう男の子の、あの感じに似ていて。私も、その犬も。
エゴイストになりたいけど、なりきれないような、そんな歌です。
"キミでなくっちゃ"じゃなくて"ぼくでなくっちゃ"なのがポイントです。
「GB」インタビューより(1988年7月号)